読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日没

東京はクリームソーダの街らしい

voyeur → orator

f:id:nitibotsu_to:20140926170545j:plain

Bathsの新譜『Ocean Death』がめちゃくちゃいいなぁ。。特に3曲目の“voyeur”から“orator”っていう2曲が自分にはとてつもなく刺さってしまった。心地よいのに尋常じゃないくらい切なくなるし堪らなく愛おしくなる。何に対してかは分からないけれど。。気になって歌詞の和訳を見てみたら余計に あぁ…ってなってます。タイトルも調べたら見る人→話す人 だった。

 

“voyeur”

i'm a bit of a mope

i'm always in

the wake of the hope that

you might just sit and
talk a bit
-----
僕って陰気なやつなんだ
君が横に座って、
いつか声をかけてくれるって願いながら、
いつも時間を過ごしている
-----
 
“orator”
as kids you never spoke to me
it was bleak
dogs don't see so well
every old person goes to hell
and i
i don't love you
i don't love you
 
we can talk, we can talk
we can talk all you want
but you don't speak to me
we can talk, we can talk
but you'll never speak to me
-----
子供の頃も話しかけてくれなかったね
もの淋しかった
飼い犬は分かってくれないし、
年寄りはどうせ死んでしまう
僕は別に ーー
僕は別に君を愛してはいない
愛してなんかいないよ
 
僕たちはなんだって話せるんだよ
君が話したいことすべて、なんだって話せる
だけど君は僕に話しかけてもくれなかった
僕たちはなんだって話せるんだよ
君が話したいことすべて、なんだって話せる
だけど君は僕に話しかけてもくれなかった
-----