読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日没

東京はクリームソーダの街らしい

Mrs. Summer

今日で8月が終わる。今年はとても早かったなと、素直にそう思った。わたしが家を離れているちょっとした間に東京はもう秋みたいになっていたんだ。こんな風に一瞬の隙をついて弱さをあばいたりして、街は簡単に変わる。

 夏休みという言葉の青春感を今になって噛みしめている。卒業してからのこと何も決まってないし何も考えていないけれど、今のところ学生をまたやるという可能性はゼロに等しいから、今日で学生最後の夏休みも終わったんだ。そう考えると寂しくもあり、なんというか…青春って…。早く婆さんになって振り返りたいな。「これはこれでワシの青春じゃった」って言っててほしいと切に願っている。。

 

夏休み前半は人の猫のお世話をしたり、『オルタナティブ日暮里』展を見に行ったり、映画『her/世界でひとつの彼女』を観に行ったり、ロッキンに行ったり、映画『思い出のマーニー』を観に行ったり、美術館行ったり、神保町の喫茶店をはしごしたり、ミツメのインストアライブを見に行ったり、CD買って聴いたり、本買ってたまに読んだり、バイトしたりしていた。her/世界でひとつの彼女』は苦しくなる話だった気がする。最後のほうに主人公がベッドで横たわって窓から射し込む光で煌めいて舞い上がる埃を見つめているシーン、また何度でも観たいな。スピッツで「サンシャイン」という曲がわたしはめちゃくちゃ好きなのですが “よみがえる埃の粒たちを 動かずに見ていたい” って歌詞が脳裏に浮かんだよ。ロッキンは初めて行ってみて、やはり予想通りしんどかった。でもシャムキャッツが「渚」をやってくれたときに「確実にわたしの夏始まったなぁ」って思いました。渚よすぎる。『思い出のマーニー』は正直もう1回観たいくらい好きだった。ミツメは今年に入ってから知ったのにもうめっちゃ聴いてるしほんと好きだな。だからアコースティックだったけど初めてライブみれて嬉しかったなぁ。

夏休み後半は家族旅行で岐阜に行ったり、大学の人と鎌倉に行ったり、花火みたり、恵比寿リキッドルームAPOGEEgroup_inouのライブを見に行ったり、2泊3日で高知へ旅に行ったり、CD買って聴いたり、本買ってたまに読んだり、バイトしたり、珈琲飲んだりかき氷食べたりしていた。自分の意志で行かない旅行だったりはとにかく好き勝手に写真を撮るという楽しみしかないので家族旅行はそんな感じだった。ずっと雨が降っていたのであまり思うようにはいかなかったけど…。大学の友だちと遊びに行った鎌倉はとても楽しかったし良い思い出になった(本当に言葉通りです)。そしてイノウのライブはやっぱりはちゃめちゃかっこいいですね、アポジーも新譜の曲すごいよかったし。で、つい最近高知へ行ってました。この旅はいろいろあったはずのに何も無かったようにも感じて、とても困っている。。まぁこれから撮ってきた写真でも見てみようかなってとこです。

CDは新譜でいうとLOSTAGEの『Guitar』APOGEEの『Out Of Blue』阿部芙蓉美の『ABEFUYUMI EP』syrup16gの『Hurt』などを買った。旧譜でいうとCorneliusの『Point』『Sensuous』entの『Welcome Stranger』くるりの『図鑑』Craft Spellsの『Nausea』などを買った。そういえば洋楽は最近買ってないな…。でも他にもいろいろ人に借りたりしていて、ひとつひとつをちゃんと聴けていない感がある。

 

いつもしないこんなクソつまんないまとめみたいなブログを書いているのは、まとめないと全部忘れてしまいそうだったから。行った場所も、観たものも、買ったものも、聴いた音楽も。なにもかも曖昧になってしまいそうで恐かったから。他にももっと抜け落ちててすでに忘れていることはいっぱいあるんだろうけどもうしょうがない。しょうがないことだって、ある。

 

あとひとつ曖昧にしたくないことがあるんだけど、いくら楽しくてもお金を使って行ったことがないところに行って思い出を作っても、自分の部屋で好きなことをする時間が完全に無くなるのはダメなんだよ。ダメなんだ…。。あとね〜 くるりの『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』ってアルバムは最高だよ、そう思わないか。それじゃあ、Mrs. Summer 。